• ごあいさつ
  • 今月のむす美
  • 風呂敷の使い方・包み方
  • 商品紹介
  • 講習会・セミナーのご案内
  • 営業時間・アクセス
  • 書籍紹介
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
メールマガジン登録
オンラインショップ
山田繊維株式会社
twitter
faecebook

トップページ > スタッフブログ > 季節のお話 > 京のお盆の風物詩 五山の送り火

スタッフブログ

2017年8月 5日 12:22
京のお盆の風物詩 五山の送り火
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おおきに~。 風呂敷専門店「むす美 京都」 スタッフの横関です。

7月中むす美インスタグラムでは祇園祭の模様をたくさんの写真をアップしてきました。

今回のブログでは、京都の人々が心待ちにしているもう一つの夏の風物詩、五山の送り火を取り上げたいと思います。

五山の送り火はお盆に帰ってこられていたご先祖の霊をお送りする、精霊送りの意味を持つお盆の行事です。毎年8月16日の晩に、京都を囲む5つの山に「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の順に点火されていきます。

 

普段であれば見慣れた山の文字たちを、年に一度8月16日だけは家族で連れ立ってわざわざ見に行く。

京都に住む人間にとって、やはり送り火を眺める時間は特別です。

着火の瞬間にはまず「おーっ!」というどよめきが。毎年見ていても、やはり声が出てしまうものです。

山上に用意された火床に次々に火が灯され、暗がりの中にあっという間にその全容が現れます。

 

山上の火床を間近から撮った貴重な写真がこちら。

hidoko.jpg

 

 

全ての火床に火が焚かれてから、ものの数十分で夢のような光景は終わってしまいます。

それでも目に焼き付けられた暗闇に浮かび上がる灯火の彩りに、自ずと敬虔な気持ちが湧き上がってきます。

 daimonji.jpg

 

ちなみに送り火翌日17日早朝の五山は、たくさんの人で混み合います。

送り火の消し炭には厄払いの効き目があると言われており、それを朝早くから拾いに来られるためです。

お知り合いに配るために、写真のようにバケツ一杯に持って帰られる方も少なくありません!

keshizumi.jpg

 

遠方にお住まいの方もぜひ一度、夏休みの観光がてら五山の送り火を直接見にいらしてください。

 

 

なお、京都むす美は16日はお盆休みを頂いております。送り火を見守った翌17日から営業しておりますので、どうぞお立ち寄りください。

それでは  風呂敷専門店「むす美 京都」 スタッフの横関でした。

 ★instagramもございます★

カレンダー
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

風呂敷専門店「むす美」

むす美は風呂敷メーカーの山田繊維株式会社が運営するオフィシャルショップです。
店頭で取扱いの商品はオンラインショップでもお買い求めいただけます。

MUSUBI 東京都渋谷区神宮前2丁目31-8
TEL:03-5414-5678 FAX:03-5414-6788
営業時間11:00~ 19:00 ※土、日、祝日営業、水曜定休  店舗のご案内はこちら